» 未分類のブログ記事

 

頭皮の悩みの1つがフケや湿疹でしょう。不潔なイメージで嫌ですし、そのまま放っておくと実は薄毛や抜け毛の原因ともなりかねない怖い症状なのです。そこで、そんな症状を治すため、色々な対策をとるのですが、その一つが専用シャンプーです。ここでふと気になるのが、通常のシャンプーとの違いですよね。専用シャンプーの特徴とは何でしょうか。
その前に一つ知っておくべきことがあります。たんなる湿疹やフケと思っていても、それが病気の症状かもしれません。それを疑ったなら、シャンプーでは治りませんので、皮膚科などの専門医の受診をまずお勧めします。
専用シャンプーの特徴は何といっても有効成分が含まれていることです。脂漏性のフケの場合、抗真菌薬ミコナゾールが含まれているものが効果的です。ただ、乾燥性の場合、これは効果がありません。それではどうしたらいいかというと、この症状でお悩みの方の多くがシャンプーし過ぎて頭皮が乾燥しているようなのです。一般的にシャンプーは3日に1回でもいいと言われています。整髪剤などを使っている方はそれを落とした方がいいので毎日洗うべきですが、1日に何回も洗うのはNGなのです。頭皮に必要な油まで落としてしまい、それによって余計に皮脂の分泌が促され、頭皮トラブルの原因ともなりかねないからです。

 

 

縮毛矯正をしたことがある方は多くいると思われます。クセが強い方にとっては、本当に欠かせないものなので、定期的に当てている方もいるでしょう。矯正剤は髪へのダメージが非常に強いものなので、ケアの仕方にはとにかく気を配るようにしたいものです。特に毛先は切れ毛が発生しやすく、ぱさつきも起こりやすいので、ていねいにトリートメントやオイルをつけるなどしてケアをしていく必要があります。また、熱にも弱くなっているので、矯正を行った部分に何度も高温のヘアアイロンなどを当てすぎないように注意しましょう。また、ゴムなどでしばってしまうと、せっかく矯正した髪にクセがついてしまったりすることもあるので、特に矯正直後は、無闇に触らないようにしたいものです。少し高いかもしれませんが、最近では矯正した人専用のシャンプーやトリートメントも販売されているので、そのようなアイテムでケアを続けるという方法もいいでしょう。とにかく、何かとお金が掛かるのが縮毛矯正なのではないかと思われます。そして、たまには他のヘアスタイルにチャレンジしてみるのもいいかもしれません。色々な髪型を試してみて、年齢にあったヘアスタイルを探してみるのもいいでしょう。

 

 

頭部に白髪が目立ってくると、ヘアカラーをしなくてはならないのですがそれがなかなか気が進まないものなのです。
ヘアカラーをやろうと思えば、美容室へ足を運ばなければなりません。
それには、時間と費用を要します。
自宅で行うこともできるのですが、そうなると白髪染めを買ってきてやるのですが汚れが付かないように自分の体や周りに気をつけなければなりません。
そのような準備が必要ですので、取り掛かるまでは少々時間がいるのです。
そんなヘアカラーを、手軽に短時間でできるカラーリングがあるのです。
それはカラーリングの専用シャンプーであり、通常のシャンプーをする要領でシャンプーで白髪を染めることができるのです。
その特徴は、シャンプー剤として使え洗浄とカラーリングが一緒になったものなのであります。
それ一本で、シャンプーからトリートメント効果まで得ることができる商品であります。
多くはダメージのことを考え、トリートメント効果も含まれていますので髪の毛も傷まずサラサラのヘアを実感できるようになります。
最近その専用シャンプーをよく見かけることが多く、人気の商品となっております。
それは手軽に時間もかけずにできるとして、多くの人たちに買われているのです。

 

 

シャンプーを選ぶときには、頭皮の状態に合わせることが大切です。自分に合っていないものを使っても、頭皮の状態を改善することはできません。売れているものや評判のよいものは気になりますが、自分に合っているものを選ぶことのほうが重要です。脂性肌の方と乾燥している方では、使うべきものが違ってきます。自分の状態を把握したうえで、正しく選ぶようにしましょう。大きくわけて油性の方とドライ肌の方に分けることができます。ベタベタしてしまう油性の方は、皮脂が過剰に分泌されている状態です。だからといって洗浄力が強すぎるものを選ぶのはやめましょう。洗浄力が強すぎると皮脂を落としすぎてしまうため、皮脂が足りないと肌が勘違いして、かえって皮脂の過剰な分泌を招くことになるからです。過剰な皮脂や毛穴の汚れを浮かせて落とせるクレンジングを組み合わせるなどして、適度な洗浄力のものを選ぶようにしましょう。ドライ肌の方は、いま使っているものでは洗浄力が強すぎることが考えられます。マイルドな洗浄力のアミノ酸系のシャンプーを選ぶと良いです。洗い方も大切ですから正しく洗うようにしましょう。それでも湿疹やかゆみ、フケなどが気になるときにはそのシャンプーが合っていないことが考えられますので、見直すようにしましょう。

 

 

髪の成分を正しく知り、髪質をセルフチェックすることで、自分に合ったシャンプーやリンス、髪染めなどを選ぶことができます。
まず、髪は水分・メラニン色素・コルテックスの3層構造でできています。
シャンプーで髪を2度洗いし、全体をタオルドライして測定する部分をドライヤーで十分に乾かしてください。乾いた毛束で輪っかを作ると、髪の弾力度がわかります。輪っかの毛束の戻りや弾力が強ければ強いほど硬い髪ということです。
次に、水分量をチェックします。輪っかを取り毛束に戻し、水を霧吹きなどで10センチほど離してからかけてください。水が素早く吸収されてしまった方は油の分泌量が少ない方、また、水がしたたり落ちてしまう方は脂性毛ということになります。このチェックで、シャンプーのさらさらタイプ・しっとりタイプの選び方がわかります。
次に、髪全体をドライヤーで完全に乾かします。普段はシャンプー後にリンスやコンディショナーをつけていると思いますが、今の髪はありのままの状態です。絡まっていたり、ブラシがスムーズに通らない場合は、髪が傷んでいる証拠です。
健康的な髪に導く方法はいろいろありますが、このセルフチェックで把握した髪質を基に、自分に合ったシャンプーやリンスをお探しになることをおすすめします。

 

 

お湯だけシャンプーとは、シャンプーなどの用品は一切使わずに、お湯だけのみを使用して髪や頭皮を洗うことを指しますが、シャンプーを使用せずにお湯だけで洗うことは、一体どのような変化が望めるのでしょうか。
そのひとつとして、お湯のみで洗髪することで、頭皮の環境を正常に整えてくれるというメリットがあります。
髪や頭皮の洗いすぎによって皮脂分泌はさらに増加します。そしてそれにより皮脂のバランスが崩れてしまうという悪循環が生まれてしまいます。
そのような場合にお湯のみで洗うことで、残った適度な皮脂が肌のバリア機能としての働きをしてくれるので、結果頭皮の環境を正常に保つことができます。
髪や頭皮の汚れは、約7割から8割はお湯のみで洗い落とされるといわれますが、お湯のみで洗うことのデメリットとして挙げられるのは、殺菌作用がないということでしょう。
それにより、髪や頭皮の脂の分解が限られてしまうということが起こります。
お湯や水自体に殺菌効果はありませんから、大量に汗をかいたり、外気の汚染物質や頭皮の皮脂の塊など、ひとりひとりの生活環境の違いにおいて、それらが原因でお湯のみ洗髪では雑菌の温床となる可能性も否定できないということです。

 

 

近年話題のノンシリコンシャンプーです。使用している方も多くいるのではないでしょうか。正しく使うためにも普通のシャンプーとの違いをきちんと理解しておきましょう。本当に自分に合っているシャンプーなのか分からない方も多いと思われます。まずは特徴や効果についての勉強も必要です。ノンシリコンと聞くと、自然派のコスメが好きな方には安心感がありますね。ほかにも、毛がサラサラになる、洗い上がりが軽やか、髪がぺたんこになりにくいなどのメリットが上げられます。シリコンはコーティング剤なので、やはり皮膚への負担を考えるならば、ノンシリコンのほうがいいといえるでしょう。頭皮にべたつきを感じている方は、シリコンによる影響も考えられるので、ノンシリコンシャンプーにしてみるのもいいかもしれません。また、パーマやカラーを利用している方も、浸透を良くさせるためには、ノンシリコンがおすすめだといえるでしょう。ただ注意点として、ノンシリコンと謳っていても、シリコンと同じ効果の成分を含んでいるものがあるので気をつけるようにしましょう。また硫酸系の成分も避けるようにしたいポイントです。本当に髪の健康を意識するなら1つ1つ成分についても良く知っておくことが大切です。

 

 

近年はノンシリコンシャンプーが人気を集めていますが、その理由はシリコン入りのシャンプーですと髪の毛や頭皮に悪影響になると言われているからです。
では、どういった影響が出てしまうのかと言いますと、まずシリコンというのは髪の毛をコーティングしてくれるのが一つのメリットですが、ただ、あくまでもコーティングをしてくれるだけと言われています。
要はダメージを補修してくれる訳ではありませんので、根本的な部分から綺麗になる訳ではありませんし、キューティクルが剥がれてボロボロの状態を隠しているだけなのです。
さらにはシリコンでコーティングする事によって補修成分が浸透せず、髪の毛が綺麗にならないというデメリットもあります。
同様に頭皮もコーティングしてしまうと言われています。
頭皮をコーティングする事によって毛穴も塞がれ、そして頭皮が酸欠状態になり抜け毛を促進する可能性があります。
こういったデメリットがありノンシリコンを選ぶ方も増えているのですが、ただ、近年のシリコンは品質が高く、このようなトラブルの原因にはならないとも言われているのです。
その為、美容院などでもシリコン入りの物を使っている事があります。
ただ、心配しながら利用するのはストレスにもなりますので、不安がある際にはノンシリコンタイプを選んだ方が良いでしょう。

 

 

選び方としては、人気があるから、評判がよいから、たくさん売れているから、などといった理由で選ばないようにしましょう。自分にあっているシャンプーを選ぶことは大切です。例えばダメージケアできるようなものを健康な髪の方が使ってしまうとかえってトラブルを招くこともありますので、今の状態をよく観察し、あっているものを選ぶようにしましょう。合わないものを使っていると、かゆみがでたり、湿疹がでたり、髪がパサ付いてしまったりします。誰にでも合うというものはありませんので、自分に合うかどうかは自分で判断する必要があります。シャンプーを選ぶときには、実際に使ってみると良いです。サンプルやトライアルなどを活用して、実際に試してみるとよいです。新しいものを使ったときには、髪だけでなく、頭皮の状態もしっかり確認しましょう。かゆみや湿疹、赤みなどが出てしまった場合には、すみやかに使用を中止しましょう。髪は頭皮に生えていますので、頭皮の状態はとても大切です。頭皮は皮膚ですから、年齢も考慮に入れて選ぶことも大切です。思い込みで若いときにオイリーだったからオイリー向け商品を選んでいるという方は要注意です。シャンプーは頭皮の環境を整える役割があります。頭皮の状態は年齢によっても変わっていきますので、年齢も考慮に入れて今の自分に合っているものを選ぶことが大切です。