選び方としては、人気があるから、評判がよいから、たくさん売れているから、などといった理由で選ばないようにしましょう。自分にあっているシャンプーを選ぶことは大切です。例えばダメージケアできるようなものを健康な髪の方が使ってしまうとかえってトラブルを招くこともありますので、今の状態をよく観察し、あっているものを選ぶようにしましょう。合わないものを使っていると、かゆみがでたり、湿疹がでたり、髪がパサ付いてしまったりします。誰にでも合うというものはありませんので、自分に合うかどうかは自分で判断する必要があります。シャンプーを選ぶときには、実際に使ってみると良いです。サンプルやトライアルなどを活用して、実際に試してみるとよいです。新しいものを使ったときには、髪だけでなく、頭皮の状態もしっかり確認しましょう。かゆみや湿疹、赤みなどが出てしまった場合には、すみやかに使用を中止しましょう。髪は頭皮に生えていますので、頭皮の状態はとても大切です。頭皮は皮膚ですから、年齢も考慮に入れて選ぶことも大切です。思い込みで若いときにオイリーだったからオイリー向け商品を選んでいるという方は要注意です。シャンプーは頭皮の環境を整える役割があります。頭皮の状態は年齢によっても変わっていきますので、年齢も考慮に入れて今の自分に合っているものを選ぶことが大切です。